日本シーアール・メールマガジンNo.3

  

 【展示会出展のお知らせ】

 

『機械要素技術展』に出展いたします。

 

出展内容:ピローベアリングの外輪、等速ジョイントの部品

     (ケージ)、薄肉リング、他      

  

当社小間番号→東5ホール東45-12

  

http://www.mtech-tokyo.jp/

 

  

【シリーズ企画/鉄を練る】(第2回)

 

好評を博しております三浦先生のシリーズ企画です。

 『鉄を練る』と題して前回のプロローグに引き続いて 2回 金属はなぜ冷たい」という題でお話をして頂く事にしました。

 

三浦實先生のプロフィール

1946年東京生まれ

 1969年早稲田大学理工学部卒業

 住友金属工業株式会社で溶接冶金の観点から材料開発の研究、電子部品開発、実装技術開発に従事

 現在:大阪科学技術センター・ATAC運営委員

 

http://www.n-cr.net/2014/06/12/鉄を錬る-第2回-金属はなぜ冷たい/

  

【薄肉加工への想い】(第2回)

 

肉厚の製品のリング冷間転造加工でさえ駆動治具である成形ロールの転造諸条件(回転数・圧・スピードなど)の最適値を導き出す事が絶対条件となり、今まで培ってきたノウハウの実績だけでは条件出しは困難で、素材の材質・形状・転造率(素材をどの位の割合で延ばすか)などにより11つクリアしていく事が重要となります。

 

一方、薄肉リングのリング冷間転造加工は肉厚素材と同じような圧・スピード・回転数では全くと言っていい程スムーズな延びが得られませんでした。

 

これから長い苦悩が始まりました。

  

【当社加工の事例】(第2回)

  

今回は等速ジョイントの部品であるケージの加工についての事例のご紹介です。

 

 

 

エンジンの動力は、最終的にドライプシャフトによって車輪に伝えられます。

このシャフトも上下動する車輪へ動力を伝えるためジョイントの作動角度が大きく、特殊なジョイントが必要になります。FF車では、さらに前輸舵角が加わるので作動角がさらに大きくなります。

 以前のFF車の小回り性能が良くなかったのは、このドライブシャフトジョイントの作動角に限界があったためですが、現在ではかなり角度が大きくてもこれに対応できるジョイントが開発されています。

ユニバーサル式など普通のジョイント機構では、作動角によって伝達する回転速度やトルクが変化し、しかもジョイントの作動角が大きくなるほどその度合いも大きくなります。回転速度やトルクが変化すると、振動や騒音が発生する原因になるので、ドライプシャフトには等速ジョイント(またはCVジョイント)と呼ばれる特殊なジョイントが使われています。

 

 

 弊社はこの等速ジョイントの部品の1つであるケージを「リング冷転造加工」により旋削加工より40%の材料歩留向上を可能にしました。 

 

つぶやき

「いいね!」押して下さい